LIP×LIP 映画『この世界の楽しみ方〜Secret Story Film〜』

2020.12.25
ROADSHOW

STORY

INTRODUCTION
STORY

いま、バーチャルアイドルの歴史は更新された。
この映画で、僕らは時代を変えていく──。

ティーン世代から圧倒的な指示を得るクリエイターユニット・HoneyWorks(ハニーワークス)。
「ハニワ」の通称で愛される彼らは、2010年から動画投稿サイトで活動をスタート。
メジャーデビューアルバム『ずっと前から好きでした。』(14年)、
『好きすぎてやばい。~告白実行委員会キャラクターソング集~』(20年)などの作品も重ね、
関連動画総再生回数は7億回を超えた。
楽曲を元にしたシリーズプロジェクト『告白実行委員会』は映画、TVアニメ、小説、舞台化されるなど、高い人気を誇る。

YouTube登録者数170万人、 LINE登録者数100万人、原案小説累計発行部数260万部──
人気を裏打ちする数のファンを得てきたHoneyWorks「10周年記念プロジェクト」として封を切るのが本作だ。

HoneyWorksがプロデュースする、勇次郎(CV:内山昂輝)と愛蔵(CV:島﨑信長)のアイドルユニットLIP×LIP
映画『好きになるその瞬間を。〜告白実行員会〜』の本編で流れる劇中歌「ロメオ」で初登場を果たして以来、
累計動画再生回数は7000万回を突破。
メジャーアルバム『どっちのkissか選べよ』(19年)は、オリオンウィークリーチャート2位に輝き、
同年には東京・大阪でのワンマンライブも開催した。

そして、いよいよLIP×LIPはこれまでのフィールドを飛び越え、映画館のスクリーンへと姿を現す。
「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」は、
タイトル通りに「アニメ映画」と「バーチャルライブ」で構成される、画期的な作品だ。
アニメでは、LIP×LIPの結成秘話を描き、観る者の胸を熱くさせる。
さらに、映画館ならではの巨大スクリーンで特別なバーチャルライブも体感できる。まさに全身で、彼らの存在を感じられる作品となった。

リアルとバーチャルの境界を超えた、圧倒的な「新時代アイドルムービー」が誕生した。

男子高校生2人組バーチャル
アイドルユニット『LIP×LIP』。
その知られざる結成秘話が、
今、明かされる!

勇次郎は、いつか歌舞伎の舞台に立つことを
夢見て稽古に励んでいたが、
後継者には選ばれず道が絶たれてしまう。

一方、歌うことが好きな愛蔵は、
一緒に暮らす母や兄の奔放な姿に
イラだちを覚える日々を送っていた。

そんな2人はある日、
ふとしたキッカケでアイドルオーディションに応募する。
会場で出会った勇次郎と愛蔵は、
些細な事から言い争いに。
最悪の出会いをした2人だったが、
オーディションの結果は合格!
しかし、喜ぶ2人に
田村社長がデビューの条件を告げた――。

「ユニットを組んで
デビューしてもらいます」

――これは、正反対の2人が、
大人気アイドルになるまでの物語。